教育目標

本園では、大切な幼児期をこのような子どもに育てたいと考えています。

「丈夫で 仲良く 賢い子」
1.明るく、のびのび行動し、心身共に健全な子ども
2.思いやりの心を持ち、だれとでも仲良くできる、社会性のある子ども
3.情操豊かで、真理を探究する子ども


   本園の教育
  幼児期における教育は、生涯にわたる人間形成の基礎を養う大切なものです。言い換えれば、人間の人格形成の土台作りを担う時期ともいえます。
幼児は、遊びを通じて周囲の環境や友達と関わりながら、「見たり」「触れたり」「感じたり」することにより、身の回りの世界に好奇心を抱くようになり、ものの特性や世の中の仕組み、人々の役割にも気づき、自分なりに考えることができるようになります。
そこで本園では、幼児の発達段階を充分考慮し、幼稚園教育要領5領域(健康・人間関係・環境・言葉・表現)に基づき、多くの子どもたちの興味や欲求に対応できるよう様々なカリキュラムを用意し、家庭では体験できない生活体験の中から主体性や自立心を育て、人間として生きる力を育てていきます。


   保育の特色
どの子も、誰にも負けない良いものをもっています。一人ひとりの個性を大切にしながら、集団生活の場で自己発揮ができるように援助していきます。

1.広い園庭、豊かなゆうぐでのびのびと体を動かし遊びます

幼児は遊びが生活であり、じっくり遊ぶことで心の安定を計り、健康な体を作ります。


2.年間を通して、水泳教室を実施し、体力の増進に努めます

ミナトスイミングスクールとの提携で、月2回位の割合で水泳教室を行い”水に親しむ””水に慣れる”ということにポイントを置き、発達段階に応じ無理なく指導していきます。


3.幼児体操専門指導員による体操指導を保育に取り入れています

発達段階に応じ、運動することの楽しさを味合わせると共に、学年毎に目標を置き、体力の向上を目指します。また、担任以外の男性教師とのふれあいも子どもたちの楽しみの一つのようです。


4.じっくり考える子どもを育てます

年中~年長児にかけては、遊びの中で文字や数に興味を持ったり、生活の中で時間を意識して行動するようになります。そのような興味に応じて、ワークブックを活用し、文字の練習をしたり、郵便屋さんごっこ、時計作り等、遊びの中でも子どもたちの興味を引き出していきます。年長児は「知育遊び教材」を保育に取り入れ、集中・思考能力を高められるような指導をしております。


5.音楽指導の一つとして、年中組よりピア二カの指導を行います

音に楽しみながら卒園までには、レパートリーが増えていきます。
他の楽器との合奏等を年度末に「音楽会」という形で発表していきます。


6.身近な小動物とのふれあいや植物栽培を通して、見つめる子・考える子の目を育て、命の尊さ・大切さを伝えていきます

見て・触れて・感じて、直接体験が幼児にとって何より大切な心の栄養となります。


7.給食とお弁当の実施

給食ではみんなと同じものを食べることにより、偏食を少しずつ矯正していきます。また、お母さんの愛情のこもったお弁当は、子どもたちの楽しみの一つでもあります。楽しく食べながら同時に食事のマナーも学んでいきます。


8.家庭との連携を大切にします

幼稚園で子どもたちがどんな生活をしているのか、興味・関心の高いことと思います。園だよりはもちろんのこと、学年だより、クラスだより等を発行し、保護者の皆様に開かれた保育を心がけております。


   ともだちつくろう

 

ともだちつくろう 3歳児<3歳児教育について>

 
  ― みんなと一緒。 たのしいね!! ―  

3歳児になると自我が芽生え、いろいろなことに興味や関心を持ち始めます。
昔から「三つ子の魂、百までも」と言われるように、この大切な時期に良い環境の中で、教師や同年齢児、異年齢児との関わりを通して、人間社会において付き合い方を学んでいきます。
また、友だち同士の考え方の違いによるぶつかり合いや、自分ひとりで遊ぶより、友だちと一緒に遊ぶことの楽しさなど、家庭では経験できないようなことを園生活を通して体験していきます。少子化時代の今、一人っ子だったり、近所に友達がいないなど、子ども同士で遊ぶ機会を持ちにくい子どもは少なくありません。そういう環境であればこそ、早く幼稚園に入り、さまざまな体験を通して、社会性や感性を幅広く培う機会をつくってあげることが大切です。
本園の3歳児教育は、3歳児の発達段階を考慮した上で、無理なく集団生活の中でのびのびと生活できるよう保育を進めています。

   
Copyright© 2014 鎌ヶ谷さくら幼稚園 All Rights Reserved.